小林知久トップ 日本を、街を、元気に

  1. ホーム
  2. 東日本大震災支援活動
  3. 夜間停電時に注意すること/実際回ってみた報告・東大和市

2011/3/18 金曜日

夜間停電時に注意すること/実際回ってみた報告・東大和市

Pocket

22~27日の計画停電予定はコチラの記事へ  28・29・30・31日の予定はコチラの記事へ

 

先日、18:20~22:00の時間帯で停電が実施されました。想像以上に暗く、気をつけるべき点が思ったよりもたくさんありましたので、まとめます。

 

◎停電した瞬間が一番危ない。

dsc_0900s

【↑上北台住宅東交差点・芋窪街道と中央通り】 当然のことですが、信号などが消えた瞬間にある種の混乱があります。警官が配置されている交差点はしっかり誘導してくれますが、それ以外の主要交差点では十分な注意が必要です。ドライバーの方は停電時間を把握して、くれぐれもご注意ください。

◎主要道でも歩道は真っ暗・少し中に入ればほぼ前が見えない

自動車が右左折するときに、ほぼ、歩行者や自転車は見えてない状態です。特に一部の自転車の方は、普段通りの軽快な走りをしていましたが、かなり危険です。車が戸惑う場面が多々見られました。よっぽど反射板をつけていても、そもそも反射する光が少ないので、油断は禁物です。

また、私自身、自転車で走っていましたが、電柱や道路標識などにぶつかりかけました。自転車のライトは路面を照らたいところで、前方への光量はあまりありません。自爆を避けるためにも、自転車も徐行運転が良さそうです。

歩行者もお気を付けください。これまたほとんど見えません。多分2メートル前方くらいまでしか見えません。ちなみに、一番わかりやすかったのは、懐中電灯をブラブラ手に持っている方でした。

 

dsc_0906s

【↑東大和駅前ロータリー】 また、女性と子供の一人歩きは避けてください。普段から暗い路地はもちろんのこと、主要道路沿いでも歩道はかなり暗い状態でした。東大和駅前ロータリーでさえ、上記の写真のような状態です。無用なトラブルを避ける意味でも、夜間停電時は早めの帰宅をお勧めします。

 

◎営業店舗もあり、何かあっても慌てる必要はありません。

dsc_0908s

【南街通りのたましん】 たましんはATMが動いていたのでしょうか?確認はしておりませんが、やっていたような感じもありました。その他、コンビニも非常電源などで最低限の販売をしているところもありました。なので、停電だからといって、事前にあまり物資をためておく必要はないかと思います

 

少し車に乗れば、停電していない地域に行くことも可能です。近隣ですと、所沢方面は別エリアとなっています。計画停電MAPなどでご確認いただき、なにかあっても冷静な対処をお願いします。

 

 

 

◎その他

停電中、火災通報機が鳴っている場所がありました。管理会社に問い合わせたところ、「予備バッテリが切れているよう」とのこと。ちょっと怖いですね。震災時など、まず電気が止まり、その後火災になることが多いようです。ぜひ、この機会に再度のご確認をお願いします。

 また、銀行ATMが鳴っているところもありました。これも職員に伝え、対処してもらいましたが、なんらかの予備電源などの不具合でしょうか。

また、夜間に限りませんが、コインパーキング。これ停電時は出せなくなります。昨日気付きました。仕事などで車を使われる方は注意です。

 

こういった、普段は確認できない電源関係・通知関係を一通り確認できる機会でもあります。電気に頼りきる生活を私自身もしておりますので、さまざまな気づきがある夜でした。