小林知久トップ 日本を、街を、元気に

  1. ホーム
  2. 実績
  3. ハミングホールに指定管理者の導入/小林知久・実績

2011/4/15 金曜日

ハミングホールに指定管理者の導入/小林知久・実績

Pocket

2009年4月1日より、ハミングホールは民間会社が運営しております。『指定管理者制度』を利用した市内初の大型案件です。(※指定期間:2009年4月1日~2014年3月31日)現在は体育館も導入済みです。

ハミングホール

この“指定管理者制度”に関しては私自身、当選1年目から研究・提言・質問を行い、ハミングホールでの導入を主導してきました。結果、サービス向上と経費の節減の両立に繋げられた成功事案です。

指定管理者制度は地味ではありますが、“公”の役割・責任分担を、契約(条例・協定)に基づき民間に移譲する制度で、民間の活力を活かしつつ公的サービスを維持する重要な役割を持つと考えます。この8年の条例実務・運用・提言の内容は、将来、本が書けるのではというレベルだと密かに自負しています。

【詳細は以下のページをご覧ください】
①2005年 1月議会 一般質問全文 ハミング・郷土博物館に導入を
②2005年12月議会 一般質問全文 制度導入の目的は民間の能力を活用してサービスを向上させること
③2007年12月議会 一般質問全文 ホール設置目的の深化を、サービス向上に資する条例づくり
④2008年 6月議会 一般質問全文 選定の経過・基準、管理指定先のプランで評価する点
⑤2010年 3月議会 一般質問全文 ハミング導入の効果、今後に向けた取り組み
⑥2010年 9月議会 一般質問全文 指定管理者制度の地域振興の視点での利用

※この他、2回の条例審議などで徹底して取り上げています。委員会議事録などもご覧下さい。