小林知久トップ 日本を、街を、元気に

  1. ホーム
  2. 市議8年の活動報告
  3. 市長選挙への道

市長選挙への道

2011/4/25 月曜日

市長選挙は落選となりました。

12時過ぎごろ、得票が確定しました。7,518票で残念ながら落選となりました。

応援して頂いた方においては、私の力不足でご期待に応えられず、大変申し訳ない思いです。

その一方で、これだけ多くの方々のご期待を頂いたことに、心よりの感謝の気持ちも感じています。8年前、裸一貫で市議会議員選挙に挑戦して以来、至らずながら全力で働いてまいりました。

その8年で多くの方にご支援頂き、市長選挙でこれだけの戦いをできるまでに押し上げて頂きました。純粋無所属の立場で、特定の政党の支持がないまま臨んだ今回の選挙で、これだけの票を頂けたことに幸せな気持ちで一杯です。

また、今回の選挙の結果、新市長が誕生することとなりました。新しい東大和に期待します。私個人としては、しばしの休息をお許し頂き、その後、一住民としてこの街に貢献して行きたいと思っております。

2011/4/16 土曜日

決意表明/小林知久・東大和市

 

 

小林知久政策体系(マニフェスト)/東大和市2011

市長選挙への立候補表明以来、マニフェストを順次更新してまいりましたが、いくつかの微調整をしまして最終形としました。基本的な構造は下記のとおりです。(詳細はリンク先の各記事をご覧ください)

 

【目指す理想】 「人生は素晴らしい」と感じる東大和市に

 

【政策理念】(理想を実現するためにまず大事にする考え方・視点)

一人じゃないと感じられる街へ 選んでもらえる夢ある東大和に 連動と工夫質実剛健の経営 次代の東大和を今、考える時

 

【取り組む政策】(理想へのステップとして最初の4年で実行する主要政策)

15の政策(Next20)  緊急5提言・災害に強い街へ

 

【小林知久の政治姿勢】(市民の信頼を頂き、政策効果を上げるために、私自身で心がけること)

5つの約束(Next20)

 

【小林知久の人となり】

略歴 主な実績 マスコミ掲載

 

(上記がまとまったチラシはコチラの記事でご用意しています。ご活用ください!)

2011/4/14 木曜日

【動画】小林知久 東大和の未来を語る

先日、Ustream中継にて押本修市議と対談した動画です!

押本議員は現議会広報委員長。私はその前の議会広報委員長。こういったUSTREAMなどを利用して議会中継のやりたいね、と常々話していました。今回、その一つの実験として対談をやりました。なかなか政治家同士の会話を市民の方にお見せできる機会がありません。今の東大和を取り巻く話題を、真面目に、時にざっくばらんに語っておりますので、ぜひご覧ください。

10分、18分のダイジェスト版、1時間30分のノーカット版(少々音声が小さいです)をご用意しました。

【10分版ダイジェスト】

 

テーマ…被災地、南相馬市に行った感想/コミュニティの維持は災害時に役立つ?/給食の話/小中学校の統廃合の話/多摩湖の話/福祉センターの話/タウンミーティングの必要性/議会の役割

続きを読む…

2011/4/13 水曜日

押本さんとUSTREAM中継で対談

これから行ってまいります。

画像埋め込みが出来ないなぁ。

コチラのリンクで飛んでください。もしくはUSTREAMのトップページ上部の検索BOXにyamato-goveと入れてください。「東大和の未来」の番組が出てきます。10:30から生中継です。

2011/4/12 火曜日

多選が争点・東大和市長選挙/都政新報

 

現職に元市議2氏が挑む ~東大和市~ 

(2011年4月12日付 都政新報より引用させて頂きました) 

5期目を目指す現職の尾又正則市長(64)に、前市議の小林知久氏(33)と、元市議の尾崎保夫氏(61)が挑む三つどもえとなる見通し。どの候補者も政党の推薦・支持等は受けない考え。組織力に頼らず、実績や政策を直接市民に訴える激戦となりそうだ。 続きを読む…

2011/4/11 月曜日

東大和市についての対談

Live TV : Ustream

4/13(水)10:30 AM11:30 AM

私と、東大和市議の押本修氏のざっくばらんな対談中継。

4月8日福島県南相馬市に物資輸送を行った事に関しての内容や、これからの東大和市の未来について語り合います。 

録画でもご覧いただけますので是非。

2011/4/10 日曜日

今回の東大和市長選挙の争点/小林知久

<質問>あなたの考える今回の選挙の争点は

<答え>

〇国民健康保険税の大幅増税(否決)・福祉センター(凍結)・リサイクルセンター(凍結)・給食センター(凍結)など、打ち出す主要施策が悉く民意と離れ立ち往生する、統治能力の失われた現市政の刷新

長期政権(16年)の是非

世襲政治の是非(尾又候補・尾崎候補とも)

 

【東京MXテレビよりのアンケートに回答した内容を転記します】