小林知久トップ 日本を、街を、元気に

  1. ホーム
  2. 市議8年の活動報告
  3. 議会での質問はコチラ

議会での質問はコチラ

2011/1/3 月曜日

一般質問(2010年12月議会)

【質問概要(通告内容)】
1 東大和の可能性を活かした街づくり

①東大和市は湖と緑のある豊かな住環境を残しつつ、かつ世界的都市・東京の中心から一時間程度、成長する多摩の中心・立川に隣接した交通至便の地域である。開発・経済中心の価値創造が一段落し、豊かさを深化させることが望まれる現在の日本の状況を照らし合わせれば、この現在の東大和の状況は時代を体現したバランスのとれた施策を実行できる可能性がある。その視点で以下のテーマを考えた時、それぞれどういった課題があり、施策の方向性が考えられるか。
ア、福祉
イ、教育・子ども施策
ウ、都市環境整備
エ、市民協働・生涯学習
オ、市民サービス
カ、財政運営
キ、行政経営

【一問一答の全文は続きをご覧ください】
続きを読む…

2010/11/1 月曜日

一般質問(2010年9月議会)

【質問概要(通告内容)】
1 市の人口想定と未来像について

①基本計画の改訂に向け、東大和市の将来人口の想定を行う必要があるが、現在の状況は。どういった想定か。
②モノレールの開業、工業地域の空洞化、商店の拡散、高齢化率の高いエリアの出現、大規模マンションの増加など、ここ10数年、街づくりの方向性に大きなインパクトを与える現象がたくさん起きている。今、東大和の街づくりのビジョンを再度議論し市民との合意を形成していく必要があると考えるが、市の認識は。庁内での体制は。
③市長の考える街の未来像は。

2 公共施設と公有地の再編について

①既存施設の老朽化を踏まえ、その再編や改修が将来必ず必要になる。今から中長期の計画や指針を策定し、財政負担の平準化を図りながら着実な整備を行う必要があると考えるが、市の検討状況は。
②公有地の処分・取得などの際も、街づくりのビジョンを考慮に入れ行う必要があるが、現状はどういった考えに基づいているのか。

3 市の職員の在り方について

①今後10年の定年退職者の推移は。
②システム投資を行い事務効率化をはかったり、業務の見直しを行ったうえで、ノウハウを継承しつつ職員定数を削減していくべきと考えるが、市の考えは。
③こういった人材育成や職員配置については10年程度の中期の計画を元に庁全体で認識を共有し、実行していく必要があると考えるが、市に方針等はあるのか。
④非常勤職員の制度に、“産後の社会復帰支援”や“行政との協働の入り口”のような政策的位置づけをし、工夫をこらすことで、より前向きな在り方にすることは考えられないか。

4 市のシンボルとなるイベント(祭)の実施について

①市で主導し、既存のいくつかのイベント(祭)をまとめあげた、市のシンボルとなるようなイベント(祭)を開催する考えはないか。

5 土曜開庁について

①利用者の推移や年代構成、どの業務の需要が高いのか。
②中長期的に予想される行政の在り方や、IT技術の社会への浸透度を視野に入れると、窓口での申請業務は、その業務内容とコスト次第で、電子申請などにシフトさせていくことを考慮する必要がある。その一方で相談などが必要な業務についてはケースバイケースの対応が必要で、一律の開所時間の延長では不効率性もある。そういった視点を踏まえて、土曜開庁の取扱業務の検討と実態把握、ニーズの模索などはなされているか。

6 保育サービスについて

①保育所定員の拡充が、ニーズに追いついていない現状は抜本的な手を打つ必要を示している。市の財政事情も踏まえると、特に0~2歳の子どもの保育定員の拡充にあたっては以下のような点を視野に入れる必要があるが、市の認識・取り組みは。
ア 都の定期利用保育制度(パート向け短期預かり)の
導入
イ 4・5歳児の“分園”を学校空き教室等に設置し
既存保育所施設での0~3歳児保育定員の拡充に
繋げる。
 ウ 幼稚園との役割分担の認識共有と、協力関係の構築

7 大型スーパーの集客を地元産業に誘導するために

①立野3丁目の西武バス折り返し場付近の市有地を、農産物直売所やテナントショップなどの地場産業振興の拠点に整備する考えはないか。
②市営住宅の在り方は検討されているのか。改築・整理や、その際の都営借り受け等の活用は検討できないか。

8 指定管理者制度の地域振興の視点での活用

①指定管理者制度での受託団体は運営の安定性などを考慮すれば、広く公募するのは必要である。その一方で、中小規模の施設の管理指定であれば、地域企業の成長や振興に寄与する視点がないと、単なる資源の流出となる可能性もある。こういった、行政資源の地域還元を考慮しつつ指定管理などを進める戦略は、市のどの部署が担うのか。
②郷土博物館や狭山緑地の管理を一体的に管理指定し、緑地保全と連動しつつ文化振興を担っていける団体を育成または誘致できれば、東大和のシンボルとなりうるが、そういった考えは検討できないか。

【一問一答の全文は続きをご覧ください】
続きを読む…

2010/6/24 木曜日

一般質問(2010年6月議会)

【質問概要(通告内容)】
1 公共施設の利用方法と市民団体へのサービスの在り方について

①公民館・市民センター・集会所等の市の施設を利用する際に、市民にとって分かりにくい部分が多く、時代のニーズに対応できていない部分も多い。また、それが職員業務の煩雑さや施設配置の不効率性にも繋がっている。
以下のような方法は検討できないか。
ア、個人の資格での利用
イ、半年程度前からの予約
ウ、施設の設置目的に限定しない利用
エ、空き情報の統一管理
オ、営業時間以外の申込み受付
カ、書庫や机など専有スペースの設置
②施設老朽化への対応と再配置、効率的な行政運営を考える際に、こういった運用方法の検討も必要との認識はあるか。
③住民団体へのサービスを施設整備のみに終わらせず、実効性をあげていくために、以下のようなサービスを考えられないか。
ア、事務局としての支援
イ、設立時の支援
ウ、法内化の支援
エ、求人・イベント情報の一括提供

【一問一答の全文は続きをご覧ください】
続きを読む…

2010/4/11 日曜日

一般質問(2010年3月議会)

【質問概要(通告内容)】
1 民間が運営するハミングホールの現状

①管理指定から1年が経ち、その効果をどう見ているか。
②来年度に向けて、より市民サービスを向上させるためにホール・市はそれぞれどういう取り組みをするのか。

2 策定中のまちづくり条例は市をどう変えるか

①条例の目的・効果として最も重視した部分は何か。
②今、東大和が抱える、まちづくりに関する課題の解決に条例はどう貢献できると考えるか。
③将来、街づくりに関しどのような課題が起きると想定しているか。また、それに対し条例が未然防止にどう役立つと考えているか。

3 校庭芝生化を学校の地域拠点化につなげられないか

①芝生化の工事の概要と利用方針は。
②三小に教育センターを移設する経緯は。
③学童保育所や保育所分園などの子ども関連施設をはじめとして、市民センターや集会所などの大人向け施設も含め、市施設を学校に併設していくことで、学校を真の意味での地域住民の中核施設にし、芝生と合わせ地域の公園のようにしていくことは出来ないか。

【一問一答の全文は続きをご覧ください】
続きを読む…

2009/12/30 水曜日

一般質問(2009年12月議会)

【質問概要(通告内容)】
1 住民基本台帳の電算データの管理は適正か

①住民基本台帳データを選挙管理委員会や教育委員会が閲覧する際に、必要な手続がとられていない状態が過去にあったのは事実か。
②個人情報が閲覧できる庁内の各電算システムにおいて、職員を特定できる閲覧履歴はとっていないのか。
③住基台帳データの電算情報は、個人情報保護法等の趣旨からみて特に厳格な管理が必要との認識はあるか。

2 市のITシステムと実際の業務改善について

①職員利用のパソコンは何台あり、どういった用途か。
②文書作成、表計算はOpenOfficeなどの無料オフィスソフトの導入が可能なのではないか。
③データベースを閲覧するシステムを有効につくれば、情報管理を今まで以上に徹底しつつ業務効率を上げることも難しくない。またITの有効な活用は財政面の効果を生み、逆に非効率な活用は高コスト構造を生む。庁舎サーバーの再構築に合わせ、システムやIT環境に合わせて実際の業務を横断的に再構築する権限あるプロジェクトチームをつくるべきではないか。

3 庁舎等にある自動販売機の入札導入

①入札を導入し、飲料業者からより好条件を引き出した例がある。増収分を福祉団体の収入源にするにしろ、市の財源にするにしろ、当市でも試みる価値はあるのではないか。

4 LED照明の導入について

①市が管理する照明を環境配慮型のLED照明などに転換していくべきではないか。
②意識啓発を図る環境配慮施策のシンボルとして、駅前広場などでLED照明の導入などを図るのはどうか。

【一問一答の全文は続きをご覧ください】
続きを読む…

2009/9/30 水曜日

一般質問(2009年9月議会)

【質問概要(通告内容)】
1 市施設の移転・改築・統廃合計画を早期に策定すべき

①約10年後に、市内の学校校舎は一斉に寿命を迎える。建て替え費用は10年程度で100億円以上かかる。建て替えのための財政計画の策定や積立を早急に行うべきではないか。
②学校校舎を敷地内で建て替える場合、1~2年間は校庭が使えなくなり、生徒への影響が非常に大きい。空地の確保などで影響を最小限にするために、この点を考慮した学校統廃合・桜が丘市民広場の活用・公有地売却などを行う必要がある。早急に計画を策定すべきではないか。
③給食センターは自校方式(親子方式含む)を、再度検討課題にし、統廃合や建て替えを踏まえ建設すべきではないか。
④福祉センターなどの施設を新設するどころか、既存施設を統廃合しなくては、将来の破たんが見える。市の全公共施設のあり方を抜本的に見直した、施設再配置計画に本気で取り組むべきではないか。

2 郷土博物館は指定管理者制度を導入すべき

①郷土博物館は指定管理者制度を導入すべきではないか。
②指定管理を導入するにあたり、博物館の位置づけ・事業を整理する必要があるが、狭山緑地との一体管理などとあわせ、雑木林保全・活用の拠点と位置付けられないか。

3 市主催のイベント的事業の整理

①市主催のイベントが多すぎるうえに、効果が分散している。イベントをやることが目的化しすぎている。整理統合し効率的運営をはかるべき。

 

【一問一答の全文は続きをご覧ください】
続きを読む…

2009/6/30 火曜日

一般質問(2009年6月議会)

【質問概要(通告内容)】
1 二中卒業式の“見送り取りやめ”について

①事実を教育委員会は確認しているでしょうか。またどういう見解で、どういう善後策を考えているでしょうか。お答えください。
②二度とない人生の節目に、フォローのない措置を行うならば、それはもはや教育ではないと私は考えます。こういった教育上の考え方はだれが議論し決めていくのでしょうか、お答えください。

2 国民健康保険のあり方について

①国保の現状はどうなっているでしょうか。
  ア、加入者の構成など。
  イ、一般会計からの繰出金の推移。
②東久留米方式のメリット、デメリットは何でしょうか。
③一般会計からの繰出金の水準は今後どうする方針でしょうか。またそれに対して財政上のめどはあるのでしょうか。

3 将来の福祉センターのあり方

①福祉センターは現状凍結の方向ですが、喫緊の課題に関しては他施設の転用などで早急に対応すべきと考えますが、いかがでしょうか。
②現在の計画は未来を感じさせる理念がないと考えております。将来に向け以下のような考えを検討すべきではないでしょうか。
  ア、市福祉部・社会福祉協議会・包括支援センターなどの各種センター機能をまとめた総合福祉事務所。
  イ、公民館・保育所などを併設し、福祉のみではないユニバーサルサービスを先導する総合市民センター。
  ウ、生活圏でのサービス系行政施策を集約した小規模多機能型地域施設。

【一問一答の全文は続きをご覧ください】
続きを読む…

2009/3/31 火曜日

一般質問(2009年3月議会)

【質問概要(通告内容)】
1 箱物建設の凍結について

①市財政が著しく悪化する中、福祉センター、リサイクルセンター、保健センターなど、箱物の建設は凍結すべきではないか。
②人は物では今以上に幸せにはならない。ハードに偏る市政の考えを転換できないか。

2 市施設の学校内設置について

①学童保育所は、防犯面などの向上から学校内に設置すべきではないか。
②集会所や保育所などの機能を学校内に設置すべきではないか。
③学校は子供が安心して学び遊べ、地域住民が集うコミュニティー核になり得る。その視点でモデル施策を行えないか。

3 資本費平準化債について

①資本費平準化債の発行で当年度の予算策定をしのいでも、負担を将来に先送りしているだけとの認識はあるか。いつまで続けるのか。

4 学校のパソコン機器について

①公教育の趣旨を踏まえれば、附帯設備を膨らませるより1人1台の実現や他事業への振りかえなど優先すべきことがあるのではないか。

5 市報の委託について

①市報の編集業務は外部委託すべき。
②市報以外の市の広報機能は実質的に事業課任せになっている。横割りでの広報の取りまとめをする機能を

【一問一答の全文は続きをご覧ください】
続きを読む…