小林知久トップ 日本を、街を、元気に

  1. ホーム
  2. 市議8年の活動報告
  3. 議会活動・視察などの報告

議会活動・視察などの報告

2010/3/26 金曜日

3月議会が終了しました。

3月は毎年、予算審議を行う大事な議会です。
本日、全ての日程が終了しました。

 

今議会の私の一般質問のテーマは以下の通りです。
 〇校庭の芝生化を学校の地域拠点化に繋げられないか
   ⇒いよいよ芝生化実現です!来年夏休みに4小で工事があります!
 〇民間が運営するハミングホールの現状
 〇策定中のまちづくり条例について
                (質問全文は近日アップします)

今回の予算案には私は反対しました。
コチラの理由も議会で討論として述べておりますのでご参照ください。

2010/3/25 木曜日

小学校の卒業式

2010032511390000.jpg

本日は市内の小学校が一斉に卒業式でした。

私は三小に行きました。中学校の卒業式と違い大方はまた4月に会うので、子ども達には“お別れ”という感じはそれほどありません。むしろ、先生や地域の方々が立派に育っている子達を見て感無量の様子でした。

それにしても今日は寒い!

K.Tomohisa

2010/2/17 水曜日

会派視察で宮崎市・黒川温泉・西原村へ

市議会会派『政策の会』の会派視察に行ってきました。 【視察テーマ】 ○宮崎市『コミュニティー税の背景』 ○黒川温泉旅館組合『地域活性化の成功の取り組み』 ○阿蘇郡西原村『風力発電施設誘致と今後の展開』      まず伺ったのは宮崎市。対応して頂いたのは宮崎市議会議員の鈴木いっせいさん 実は今回、全国で初の『コミュニティー税』を導入した経緯・効果をお聞きする予定で、市当局にアポイントを取っていたのですが、その後、1月24日の選挙で市長交代。しかもコミュニティー税反対派の方が当選したとかで、なんと視察対応を断られてしまいました…。 直前で行程変更もできず困っていたところ、市議の鈴木いっせいさんが、(私が面識もないのにイキナリ電話して不躾にお願いしたにもかかわらず)快く説明役としての労をお引き受け下さいました。しかも、事前に役所の方へ様々な資料を取り寄せて頂き、コチラの質問に対してもざっくばらんに鋭く応えて頂き、むしろ普段より充実した内容となりました。本当に感謝です。ありがとうございました。 

続きを読む…

2010/2/5 金曜日

収益事業(競輪)組合議会が解散

市議会より派遣されている、東京都都市収益事業組合の定例会が本日行われました。
収益事業組合は本年3月末で解散しますので、今日が最終の議会でした。

収益事業とは競輪のことで、3年前までは近隣8市で共同していくつかのレースの主催となっていました。その収益は各市に還元され、貴重な財源となっていたとのこと。東大和だけでも総額で何十億円もの歳入となっていたそうです。ですが、数年前より競輪の収支が悪化し、平成18年度をもって撤退と相成りました。

私自身は、3年前に初めて派遣されたので、競輪をやっていた時代のことは知りません。「行政が事業から撤退する時の残務処理を間近で見られたら勉強になるなぁ」と思いで派遣議員にさせてもらった次第です。

そして現に、撤退の経過をつぶさに見させて頂き、なかなか勉強になりました。競輪事業を継続している立川市や事業会社との補償交渉や、その調停に関する弁護士さんの見解をお聞きできたり、滅多にない場面に多く接することが出来ました。

さらには、最初に派遣された際に組合議会の議長を拝命し、(突然のことでビックリしつつも)8市の市長さん・議員さん・関係職員の方が並ぶ中で、3年間議長としての会議進行を経験させて頂きました。私自身の年齢も考えると(史上最年少ではないでしょうか?)、議長という職務もなかなか経験できることではなく、非常にいい経験となりました。

そんなこんなで、結構個人的には思い入れのある収益事業組合。3月末で解散となります。関係者の皆さま、お疲れさまでした。

2010/1/16 土曜日

医師会が開催した新型インフルの講演


本日はハミングホールで14:30から医師会主催の講演会でした。新型インフルについて疫学の専門家の方の講演がありました。
 
 
あれは何だったんだろうかという騒ぎ具合と、現実のギャップ。母が福祉の事業所をやっている関係もあり、タイムリーな企画に食いついてみました。
 
お聞きした限り、適切な予防が必要なことは間違いなかったようです。各国と比較した日本の感染率の低さなども指摘されていました。 
  
とはいえ、やはりマスコミのあおりっぷりはやりすぎだったのではないかとも思いました。今日、専門家の抑制的な、かつデータに基づく解説をお聞きするにつけ、なおさら「あの不安感はなんだったんだろう?」とも思いました。
 
とにもかくにも、こういった内容の講演会が無料で見られるというのは、ありがたいなぁと思います。(別に議員だからただではありません、入場無料です、医師会の社会貢献事業です)
 
結構地域にはいいものが転がっているのに、その情報から遠い人は損をしているなぁ、と思います。情報チャンネルがテレビや雑誌だけだと偏りますからね。同時に、こういった良質の情報を届ける仕組み作りをするのも私の仕事の一つと再確認いたしました。

2009/4/6 月曜日

福祉センターの建設凍結/小林知久・実績

2005年ごろから出てきた東大和市の“福祉センター構想”。当初、私は福祉の拠点施設はそれほど悪いことではない、との考えで静観していました。

 

が、あまりの『ハコモノ建設ありき、理念なし』状態に疑問を持ちました。そして、計画を見直すべきという質問を徹底的に行いました(一般質問9回・下方参照)。結果、リーマンショックもあり、現計画では凍結となりました。今後どうするかを早急に決めなくてはいけない点です。

続きを読む…

2008/10/16 木曜日

議会報に視察がきました!名誉!

本日、山梨県の甲斐市議会の議会だより編集委員会の方々が、当市の議会だよりの視察に来られました。私が議会広報委員会委員長ということもあり、また、議会だよりのリニューアル行った張本人ということもあり、甲斐市議会議員の皆さまへの説明役となりました。

 

先方にお聞きすると、東大和の議会報に相当高評価を頂いておりました。

なにより、わざわざ東大和の議会報の説明を聴くためだけに来て頂いていることもあり、私も頑張った甲斐があります。様々な観点から質問を頂き、私自身、自分のやってきた議会だよりのリニューアルの目的などを再確認しました。

甲斐市議会さんが少しでも東大和のコンセプトを取り入れて頂いて、私自身の成果が広がって行けばいいな、と思います。リニューアルの時の夢がまさにこれ。自分のやったことが評価していただいて、それが地味に全国に広がり、全国の議会だよりが住民にとって見やすくなる。その一歩になったかなー?

2008/4/1 火曜日

議会議事録のHP公開/議会広報委員会の設置

2007年5月より、議会報編集委員会の委員長を拝命しました。他の議員にもご協力を頂きながら委員会としての取り組みで2008年4月に実現しました。

 

☆東大和市議会の会議録をHPで公開 (→コチラで見られます・市公式HP

もともと、他市では数百万円かけて“会議録検索システム”を導入していました。そして、東大和ではその予算がないことが理由で会議録の公開が出来ていませんでした。

多額の予算でシステムを組まなくてもgoogleなどの検索に引っ掛かれば十分と考えていましたし、予算という制約がなければ議会としては公開に異論はないという合意も頂きましたので、“テキスト付PDF”で公開することにしました。ちなみにPDFは会議録印刷会社から無料でもらっています。必要予算はゼロでした。

『工夫次第で予算をかけず、施策を実現する』ことの好例だと自負しています。

 

☆議会広報委員会の設置

もともとあった議会報編集委員会に、HP編集や広報全般の権限を付与し、議会広報委員会へと発展改組させました。議会の発信や情報公開はどこが担うのかが明確になっておらず、なんとなく放置されてしまうことを防ぐ目的です。

これ以降、広報委員会が一義的に議会広報を担うことが明確になり、後任の委員の方により“議会報での会派賛否の明記”“紙面のカラー化”“HPへのメールアドレス掲載”など実務的な部分が進んでいます。

 

【この記事は2011年春に編集しましたが、記事の順番管理の都合上、投稿日を当時の日付としております】