小林知久トップ 日本を、街を、元気に

  1. ホーム
  2. 市議8年の活動報告
  3. 議会活動・視察などの報告

議会活動・視察などの報告

2005/10/18 火曜日

議員ってもっとおいしいのかと思ってました・・・(小林)

明日から委員会視察に行ってきます。いわき&石巻へ。2泊3日。総合福祉センターや子供虐待防止の取り組みを見てきます。

にしても、視察行くのに個人負担2万円はどうに も・・・。多くは食事代なので、税金からもらうわけにはいかず、やむをえないらしいのだが。でも、仕事だからな~。自分で調べたいテーマのところにいける わけでもない。リフレッシュして羽を伸ばせるわけでもない。なのにお金は出て行くというのは微妙。しょうがないんですが。

にしても、正直議員というのはもうちょい福利厚生がしっかりしているものだと思っていました。私は当選するまで月17万円で暮らしていたので、今の 給料は決して“安い”とは思いません。でも、フルに活動するとなると充分でないのでは、と思います。文具もPCも印刷も自腹ですから。これでネットがな かったらと思うとぞっとします。

結婚したらどうするんだろう??などと将来が不安になることだけは間違いないです。結婚して子育ての出費がかさむから活動縮小・・・ってのはやだなぁ。

まあ、とにもかくにも視察、行ってきます!

2005/10/17 月曜日

05厚生文教視察

2005/10/15 土曜日

議会だよりの編集(小林)

数少ない議会の公式刊行物に議会だよりがあります。東大和市の場合、議会ごとに1回で年4回プラス新年号年1回の発行です。

今日はその編集会議。校閲が主な仕事ですが、見出しを考えてみたり、記事内容が議会でのやりとりと変わってしまっていないかをチェックします。また、現在は掲載基準も作ろうとしていますし、去年はHPに関する基準も作りました。

今年の5月号からこの議会だよりは全面リニューアルしました。昨年1年かかって私がレイアウトからカットまで全てデザインしたのですが、これはとても手間でした。デザイン自体、手間がかかることですし、議会の場合、他の議員さんの意見もいれ、了承を得なくてはいけません。これは大変でした。20年以上もリニューアルされていなかったのですが、さもありなん、と感じました。

議会だよりは1・2・5・8・11月の発行です。新聞折込で全戸配布し、市内各所にも置いてあります。駅にもあります。苦労した作品ですので是非手にとって見てください!

ちなみに表紙写真を公募しています(常時)。一応3万5千部発行していて目に付くものなので、われこそはという方、写真を送ってください!!

2005/9/25 日曜日

昨日・今日は決算委員会(小林)

毎年9月は決算審議があります。いつも思うのですが、「ぼちぼち来年の予算のことを考えなくちゃ」というこの時期に、去年のおさらいをするというのは調子が狂うものです・・・。

残念ながら決算審議は現状の行政制度の中では必ずしも有効とは言えません。終わってしまったことにいくら文句を言っても結局取り返しはつかない、と いう面もあります。また、審議内容を来年に生かす制度が整っていない、という面もあります。基本的には、来年に生かすことを『期待』し、念のため『指摘』 するしかないのが現状です。

行政の仕事はとても責任の重い仕事です。「失敗しちゃった、エヘ(笑)」といって済まされるものではありません。したがって政治家が仕事をすべき場面の多くは『事前』であり、最低でも『リアルタイム』である、というのが私が議員になって得た感覚です。これは多くの議員の方に共通する感覚だと思います。

だからといって世の中に完璧なものなど無い以上、常に検証して修正して行くのは大事な作業です。事後の検証を怠っては前進もありません。とことん事前検討しつつも、未来のためにキッチリと潔く修正はしていく。この辺のバランスはとても大事で、かつ、難しいものです。

ところで、先日、後藤田正晴氏が亡くなりました。 陸軍将校→警察官僚トップ→政治家というコワモテの経歴ながら、ハト派の論客で武力行使を否定する立場をとる政界のご意見番でした。私は直接は後藤田氏の ことは知りませんが、メディアや著作を通して見た限り『強く優しい保守』というイメージで、好感度の高い好きな政治家の一人でした。ご冥福をお祈りいたし ます。

最近急に寒くなってきました。真夏と同じ調子で、夜、パンツ一丁・窓全開で寝てたら少々カゼを引いてしまいました。いよいよ秋の気配ですね~

2005/9/16 金曜日

それでも教室はあいている(小林)

本日は一般質問の日でした。今議会とりあげたテーマは「学校の空き教室の活用」です。なぜ学校の教室は空いているのに使えないのか?この素朴で、かつ我が東大和市ではとても骨の折れるテーマに臨みました。

今日一番の市長おもしろ答弁は「学校はこの10年進んでいない!」というものでした。微妙に教育長などは「え!?」という感じの反応でした・・・。
私の質問は「教室活用の方針が時代の変化に合っていない。しっかり議論して活かせるところは活かさないと!」という点でした。市の各種の方針が詰めきれてなく、それによって校長が「とりあえず現状維持で・・・」となり、そのうち横並びで固定観念化してしまった、というのが空き教室を巡る現状ではないかと私は睨んでいます。

とかく何かを変えるのは大変なもの。ただでさえ教育関係は課題山積です。よっぽど行政部局がバックアップしなくては進むことも進みません。

現在の日本で少子化が進行しているのは周知のことですが、ここ東大和では「子供が増えている地域と減っている地域が混在している」というやや複雑な状況があります。なので、行政部局は増えている地域の事例を答弁して、減っている地域の怠慢を紛らすという傾向があります。

今回の質問ではそのあたりの怠慢をあぶり出すことが出来たと考えています。冒頭の市長の「変わっていない」発言に加え、「校長が申し出れば、バックアップする」との教育委員会の答弁も引き出しました。つまり、もしこれでも活用が進まなければ、今度は校長のやる気に問題があると、責任を明確化できる一歩となります。抽象的でうやむやになりがちだったこの問題にひとつ明確な線引きが出来たと考えます。

ちなみに、市長の発言はわりとおもむろに飛び出しました。職員の方々の「あなた責任者でしょ!!」という心の叫びが聞こえてくるようでした。戦術的に意図して引き出したものではありませんが、とても面白い答弁だったと思います(笑)

こういった話はすぐに結果が出ることではありませんが、幸い私は長期的視野で議会に臨むことが出来ま す。どこかでこの答弁を活かし、いい施策につなげられればと思える余裕があります。具体的施策の提案もしましたが、それはまたいずれ実現の芽が出だした時 にお伝えできればと思います。

2005/9/6 火曜日

議会初日(小林)

久々の議会!とはいっても3ヶ月に1回だから、毎回久々になるのは当然ですが。「イヤ、3ヶ月は久々じゃない」という人もいるかもしれませんが、議会閉会中に色々な事があるので、やけに久しぶりな感じがします。

今日、自分が突っついた点が条例改正として実現されました。

とはいっても非常に地味。「体育館のトレーニングルームが時間を区切った入れ替え制だったのを、来てから2時間半までの利用に変更」って言ってわかるでしょうか。つまり、今までは「16:30~19:00で¥○○円」という料金設定だったので、18:30分に来て2時間やりたい人は2回分料金を取られていました。それを18:30に来ても2時間半まで1回分の料金と変えたのです。

どうですか?地味でしょう(笑)これぞ市議会議員の仕事です。この件はとりわけ地味な部類に入りますが、でも物事を変えたがらない市長がいて、金も無くて、分権もまだまだ、という現状では地味なことをこつこつやるしかありません。

ちなみについでなので地味な仕事を挙げてみると・・・ 『不法投棄の車両を交渉して撤去』『市民プール内で飲み物が飲めるスペースを新設』『市民会館の利用申込期限が8日前だったのを3日前に変更』などなど。

まあ、とりわけ地味なのをあえて書きました(も少し大きいものはHPをご参照下さい)。はっきり言っ てこんな地味な実績は選挙で使えないので、多分2度と日の目は見ないでしょう(笑)でもこういったことを積み上げると、派手ではなくとも使い勝手のいい市 になるのでしょう。それが理想ですね。

さてさて、少し長くなりましたので、またにしましょう。ネタが尽きると書き込まなくなるので・・・。弟に負けないよう書かなくては!

2005/9/5 月曜日

明日から九月議会(弟)

いよいよ明日から九月議会です。

知久も「今日は8時に寝る!」と言い残してさっき帰りました。

映画やNPOといった規則的でない活動内容から毎日しっかり定時から始まる議会に切り替えるのは大変だろうなと思います。ところで、みなさんは議会を傍聴に行った事はありますか?

私は昨年に知久がしっかり働いているか確かめに一度傍聴しました。もちろんそれまでは傍聴などしたことは無かったので、なかなか新鮮でした。

詳しい議会日程などは市のHPに掲載されています。

2005/6/29 水曜日

学校校舎の活用事例・世田谷ものづくり学校

 本日、世田谷ものづくり学校に行ってきました。
この施設は、廃校になった校舎を民間企業に貸し、起業支援や美術・デザイン・工芸系の企業の入居につなげています。

私の友人が入居しており、案内をしてもらいました。

中は、何か学園祭のような感じ。平日ということもあり人が多いわけではありませんが、いたるところにガラクタがあったりつくりかけの製品・作品があったり。
 
校舎のリフォームなどはしていないので、借りた民間企業も経営は成り立っているとのこと。東大和も工夫さえすれば人や企業の誘致は出来るのだと非常に参考になります。
(とはいえ、コチラは地名にネームバリューがあるので東大和だと相当工夫しなくてはいけませんが…)