小林知久トップ 日本を、街を、元気に

  1. ホーム
  2. 理念と政策

理念と政策

2011/3/8 火曜日

給食センターの早期建替え

2011小林知久マニフェスト

 

早急に取り組みます。旧保健所予定地の利用を自ら都と交渉します。

 

【皆さんの質問にお答えします。】

質問①

今の給食センターの計画と変えるところは何か?

 

地域担当の専従職員を配置し、防犯・防災・福祉のためのコミュニティ支援

2011小林知久マニフェスト

民生委員・児童委員・消防団・自治会などの地域活動の担い手を支援します。

 

【皆さんの質問にお答えします。】

質問①

地域担当の専従職員とは、民生委員や児童委員とどう違うのか?

 

公募の管理職の導入 採用の年齢制限を撤廃

2011小林知久マニフェスト

民間経験のある方などを市に招きます。プロジェクトチーム型の組織・任用などとリンクさせ、新しい風を入れます。

 

【皆さんの質問にお答えします。】

質問①

公募のお知らせが広まらないと効果が上がらないのではないか?

 

0~2歳児保育へ参入する事業者の積極支援

2011小林知久マニフェスト

認証保育所・幼保一体施設・定期利用保育制度・公共施設提供型保育ママ制度など、参入者を積極的に支援します。

 

【皆さんの質問にお答えします。】

質問①

 

公共施設提供型保育ママとはどういったものか?

 

申請窓口のワンストップサービスの導入

2011小林知久マニフェスト

一か所で申請手続きが済む窓口をつくります。まずは市民部から。同時に職員業務の効率化・標準化をはかり、将来の出先での発行や、業務委託を目指します。

 

【皆さんの質問にお答えします。】

質問①

申請手続き関係は今でも、ワンフロアで行っているが、一か所にすることによって逆に非効率的になることは考えられないか?

 

福祉のなんでも相談窓口を設置します

2011小林知久マニフェスト

社会福祉協議会を核に、福祉のゼネラリストを育成し総合窓口を設置します。介護保険・自立支援・医療などの制度間の受け渡しを公で担い、民の負担軽減をはかります。

 

【皆さんの質問にお答えします。】

質問①

福祉のゼネラリストとは公務員がなるのか?

 

職員10%削減 管理職ポスト20%削減

2011小林知久マニフェスト

新規採用を退職者の3割程度にし、ITなど必要な事務環境を整備します。また、部・課を再編し管理職を減らします。

 

【皆さんの質問にお答えします。】

質問①

地方分権の推進によって今後、自治体の仕事が増えることも十分考えられるが、将来的に業務の職員の中長期的な削減が市政にどのような影響を与えると考えているか?またその変化に対応することができるのか?

 

 

次の20年を見据えた基本計画の改定

2011小林知久マニフェスト

総花的な計画を精査し、現況の財政力などに合わせメリハリをつけます。施設再編・財政計画も盛り込み、次世代に負荷をかけない計画とします。

 

【皆さんの質問にお答えします。】

質問①

東大和市では財政状況が悪いと報道されているが、新たな財政計画によって健全化できる見込みはあるのか?