小林知久トップ 日本を、街を、元気に

  1. ホーム
  2. 理念と政策
  3. 私の理念・街の未来像

私の理念・街の未来像

2011/4/14 木曜日

【動画】小林知久 東大和の未来を語る

先日、Ustream中継にて押本修市議と対談した動画です!

押本議員は現議会広報委員長。私はその前の議会広報委員長。こういったUSTREAMなどを利用して議会中継のやりたいね、と常々話していました。今回、その一つの実験として対談をやりました。なかなか政治家同士の会話を市民の方にお見せできる機会がありません。今の東大和を取り巻く話題を、真面目に、時にざっくばらんに語っておりますので、ぜひご覧ください。

10分、18分のダイジェスト版、1時間30分のノーカット版(少々音声が小さいです)をご用意しました。

【10分版ダイジェスト】

 

テーマ…被災地、南相馬市に行った感想/コミュニティの維持は災害時に役立つ?/給食の話/小中学校の統廃合の話/多摩湖の話/福祉センターの話/タウンミーティングの必要性/議会の役割

続きを読む…

2011/4/4 月曜日

いざという時のために“祭”をやろう/災害に強い地域づくり

『緊急5提言・災害に強い街へ』(2011年4月4日配信)の記事もご覧下さい】

私が議員として初当選した03年から、5年間ほど近所の小学校で“夏祭り”を行っていました。その時に考え、「夏祭りの意義」として関係各所に配布していた内容が、災害に強い街づくりにとって(より具体的にいえば災害直後の共助・避難所運営)において一定程度有用ではないかと改めて感じましたので、まとめます。

端的に言えば、『“祭”のノウハウで地域は強くなる』です。

 

【今回の記事のベースとなる書類】

matsurinoigi

続きを読む…

2011/4/2 土曜日

次代の東大和を今、考える時/2011小林知久マニフェスト

右肩上がり時代の計画を未だ改定できていません

各分野で方向性がブレています。腰を据え全ての世代の知恵を頂き、次代に責任を持てる街の在り方を構築します。

 

連動と工夫質実剛健の経営/2011小林知久マニフェスト

お金をかけなくてもやれることはある

知恵を絞り、有機的な繋がりある施策を追及します。効率的な市役所にし、夢ある施策にシフトしましょう。

 

一人じゃないと感じられる街へ/2011小林知久マニフェスト

『孤』に怯えなくてはいけない人生は豊かではない

コミュニティの育成は市役所の最大の仕事。時代にあった人の繋がりづくりで人の原点の不安の解消を目指します。

 

選んでもらえる夢ある東大和に/2011小林知久マニフェスト

東大和は人口減の瀬戸際ジリ貧では絶対ダメ

住宅と生活産業中心の東大和は住人減が直ちに活力低下を招きます。魅力づくりに繋がる夢ある施策が必要です。

 

2011/3/23 水曜日

「人生は素晴らしい」と感じる東大和市に/2011小林知久マニフェスト

経済状況や社会状況、大変なことや困難なことはたくさんあれど、地元の街に帰ってくれば「ああ、人生はやっぱり素晴らしいな」と思える。この東大和市を、そんな街にしていくのが私の究極の夢です。

そして、そのために貢献できる市役所にしたい。では、人が「人生は素晴らしい」と思える瞬間はどこにあるでしょうか。

 

私自身は、まず、適切な人のつながりがあり、何かの時に“私は一人ではない”と思えることだと考えています。

そして、そのうえで、ホッと一息つける安心で安全な、そして緑の多い住環境の良さがあること。

趣味・スポーツ・学習・社会貢献など、仕事等の“義務”から離れたときの活動が充実していること。

数多く起きてしまう身の回りの問題・課題などに対し、(もちろん起きないようにするのも大事ですが)自らの意見を表明でき、改善に向かっていると感じられること。

 

こういったことが、必要ではないかと思っています。

非常に当たり前のことではありますが、ややもすると市行政は、派手なほうへ、物質的・経済的な価値に流れがちです。でも、東大和市は、新宿にもお台場にもなりません。

今ある、住宅都市としてのバランスの良さを保ちながら、地味でも、ヨーロッパーの中小都市のような人生を謳歌できる街にしていきたいというのが、私の願いです。

 

2011/3/5 土曜日

小林知久政策チラシ/東大和市2011

 

政策チラシ完成しました!

PDFデータはこちら(3M程度ありますのでご注意ください) ≫ ○表面 ○裏面