小林知久トップ 日本を、街を、元気に

  1. ホーム
  2. プロフィール
  3. 私の人生・メディア掲載

私の人生・メディア掲載

2009/5/14 木曜日

アサヒタウンズ/東京紅茶・緑茶

「ブランド化に茶畑を残す願い込める」というところに出ていますが、記者さん自身の地域への熱い思いを感じる取材でした。

【2009/5/14/アサヒタウンズ】

2009/1/31 土曜日

読売新聞/東京紅茶

東京紅茶の取り組みを読売新聞さんにご紹介頂きました。

実は私はこの写真のカメラ側に立っています。「小林さんは議員だから写さなくていいですか」とのこと。んー、発案&メインの企画責任者なのに。公選法(?)が憎い。

【2009/1/31読売新聞多摩版】

2008/5/18 日曜日

08年頃

 

議員になって以来、やはりスピーチ役を頼まれる機会が増えました。写真は友人結婚式でのスピーチ。「普段から人前で話すんだから、出来るだろ」という感じでしょうか。 でも、実はこれ結構緊張します。自分の選挙よりです。以前、結婚ウン十年の方から「あの時の夫の友人のスピーチはまだ覚えてる」と聞いて以来、うわこれ一生モンだと実感しました。「人の一生に係る大事な場面で、失敗はできない」と考えると相当汗をかきます。でも、上手く喋れて喜んでもらえると、「やった!」と密かに充実しますね。

2008/2/7 木曜日

ぴあ・/人生ごっこ!?下北沢上映

「人生ごっこ!?」の下北沢での商業上映について「ぴあ」に掲載して頂きました。

【2008/2月1日号ぴあ】

“L change the WorLd”等のビッグな映画と並んで掲載されているのが不思議な気分。本当に本物の映画にできたんだなぁと感慨も新た。

もちろんウォーカーにも掲載して頂きました。

2007/3/20 火曜日

毎日新聞・読売新聞/One Block Project

創造エンジンで行ったワンブロックプロジェクトは主要紙に軒並み取り上げて頂きました。

【2007/3/5読売新聞地域版】


【2007/3/14毎日新聞地域版】

学生たちが企画したものの、足場作業などが危ないということもあり、私&山田が2F以上の作業をやるはめに。選挙前だというのに…。

<PS・追記>
記事中では「家は取り壊し予定」とありますが、その後、家の改築計画は取りやめとなっており、2009年の年末現在、まだこの鏡張りの家は利用中です。

2006/9/15 金曜日

映画製作を終えて、政治の季節

この2年ばかり、映画製作のことばかり考えてきました。 2年前に青年会議所の20周年実行委員長になり 監督と出会い、『芸術』を起点にした街づくりの構想で意気投合。

以来、プライベートの時間を全て費やしく突っ走ってきました。

企画は大成功。 映画「人生ごっこ!?」の出来は相当なもの。 私自身がびっくりするくらいです。 正直もう少し“自主制作”の色が出るかと思いましたが 劇場で見ても「市民参加」などとは気づかないレベルでしょう。

 

充実感とともに、最近は少し今後を考える時間が増えています。 この2年は、一人の市民という立場から 街を盛り上げ、子供に貴重な経験をする場を提供することを考えてきました。 「今後の東大和はソフト産業を育成するしかない」 「党派とか地域の垣根を越えて市民が一体となる場を作る」 「地域立地ではない、目的立地のコミュニティーをつくる」 こういった遠い理想の端緒として映画を位置づけ そのベクトルに少しでも近づけるようにしてきました。

必要なこととはいえ、回り道なのも確かです。 でも私は議員という立ち位置もある。 選挙まであと約7ヶ月。 特に市長選に関しては、ドラスティックに市が変わる可能性のある場面です。 今後の東大和はどうあるべきなのか? 今の市政は住民のポテンシャルを生かしているか? そういった部分を踏まえながら 私が出来ることをしなくてはいけません。

正直、政治というのは嫌な職業です。 本気であればあるほど、まじめであればあるほど 誰かと戦う場面が増えるのです。 個人的には平和に生きて行きたいと思っています。 でも、時にそれが許されないのが、この職業。 これから半年は戦う場面が増えるのでしょうか? それは自分に向いていることなのでしょうか? そんなことを最近考えています。

2006/8/11 金曜日

日経MJ/映画と地域特集

日経MJ新聞(流通新聞)の1面&4面に映画の取り組みに関するインタビューなどを掲載して頂きました。専門紙ながら全国紙の1面掲載でしたので、結構反響は大きいものでした。

私がなぜ地域で映画企画を考えたのかが、4面にコンパクトにまとまっています。

【2006/8/11日経MJ新聞1面・4面】

2006/7/25 火曜日

東京新聞/東大和で映画づくり

青年会議所20周年事業として、私が企画した「東大和映画まつりAction!!」「映画人生ごっこ!?製作」について取り上げて頂きました。 【2006/07/25東京新聞地域面】  この企画については、読売・朝日・産経さんにも掲載して頂いています。東大和にあまり良くないニュースが多い中、本当に感謝です。

 

★映画「人生ごっこ!?」予告編はコチラ↓

『映画「人生ごっこ!?」予告』(2006年7月29日配信)