小林知久トップ 日本を、街を、元気に

  1. ホーム
  2. プロフィール

プロフィール

2001/3/20 火曜日

銃の前での人の無力を知る…。(2001東南アジアの旅)

2001年の春、卒業旅行として東南アジアに行きました。(とはいえ私は留年し、この年には卒業していませんが)

 

【行程】 日本 ⇒タイ・バンコク ⇒カンボジア ⇒バンコク ⇒インドネシア・バリ ⇒バンコク ⇒マレーシア・マラッカ ⇒シンガポール ⇒帰国

サークルの友人日本から出発し、そのあとゼミの友人とバンコクで待ち合わせ、カンボジアに安くいけるので急きょ向かい、さらにはまた別のゼミの友人とバリで落ち合い…。ということでなんか複雑な旅行日程になりました。基本的にはバンコクを拠点にして東南アジア各国をまわり、最後に鉄道でシンガポールに向かい帰国という流れです。 

ハイライトはカンボジアでしょうか?アンコールワットにタイから陸路で向かったのですが、途中、橋が落ちてるわ、銃を持った人に囲まれるわ…。そのあとみたワンコールはとても平和でした。詳細は続きで…。

続きを読む…

1999/8/15 日曜日

名もなき日本の素晴らしさを知った旅(1999関西北陸行)

大学3年の夏休み、2年生・1年生の後輩とともに、愛車オンボロスターレットに乗り、北陸関西をまわりました。  ☆ルート : 東京 ~ 長野(諏訪) ~ 新潟(糸魚川) ~ 富山 ~ 石川 ~         福井 ~ 京都 ~ 和歌山 ~ 京都 ~ 東海道ルートで帰京

 

 結構過酷な旅でした…。  まず、高速はつまらないので、全て一般道。それと、全国の帰省した後輩の実家に出来るだけ泊めてもらい、ダメなら車中泊。そう決めて出発。でも、これがまあ…。 続きを読む…

1998/8/30 日曜日

アメリカのデカさを感じる(1998USA)

(この記事は現在編集中です…)

初の本格的な海外がアメリカ。

続きを読む…

1998/8/23 日曜日

97年台湾

これが初海外です。バイト先の台湾の方の家にお邪魔しました。7日間くらい滞在し、台北・基隆等にいきました。まだおっかなビックリだったなー。

1997/4/15 火曜日

1997年(平成9年) 早稲田大学入学

高校卒業後、駿台予備校(お茶の水)で1年間浪人したのち、早稲田に合格。
政治経済学部政治学科に在籍し、寄本勝美教授のもとで地方自治を専攻しました。

ベルリンの壁崩壊以降の90年代の世界の革命の時期に少年時代を送ったこともあり、高校3年生までは“外交官”が憧れの職業でした。受験では政治学科か国際関係学科を受けました。

学生時代は、バイトに明け暮れては、国内外の旅行に行く日々で、台湾・アメリカ(NY・ロス・ワシントン・ラスベガス)、タイ、カンボジア、マレーシア、インドネシア、シンガポールなどにバックパック背負って行きましし、国内ではオンボロ車で全国各地を旅していました。 

国内では、野球サークル・ゼミ仲間・バイト仲間とありったけ自由を満喫していました。ちなみにこの時期は体重の増減が激しく、75kg~56kgで揺れ動いていました…

1995/7/18 火曜日

私の気質の8割は高校野球でつくられました

私の中学・高校時代は野球漬けでした。
元々、小学校の頃から、サッカー・バスケ・剣道などをやっていましたが、当時はどうしても野球がやりたかったので、全くの未経験にも関わらず、中学からは野球を始めました。
 

この野球部時代、正直、6年間で楽しい思いは3カ月くらいしかありません。
思い出すのは悔しさと後悔ばかり。私の人間形成に大きな影響を与えています。
続きを読む…

1990/4/18 水曜日

1990年(平成2年) 桐朋中学・高校に通う

国立市にある私立桐朋中高に通学。

中高通して野球部に所属し、高校時代は本気で甲子園を目指しました。(練習試合には強くて期待されましたが、結局甲子園は大分遠かった…)

この頃は、野球以外ほとんど思い出がありません。人生で一つのことにあれだけ時間を費やしたのは野球以外にない、と言えます。

【↓↓こちら↓↓もよかったらご覧ください】
『私の人生の紹介“私の気質の8割は高校野球でつくられました”

1981/1/1 木曜日

1981年(昭和56年) 森と湖に育つ

3歳の時、祖父との同居のため父母が東大和に戻りました。大和八幡幼稚園・東大和市立第一小学校へ通いました。 実家が湖沿いだったこともあり、多摩湖や狭山丘陵の森に親しみながら育ちました。二つ池で釣りをして、狭山緑地に秘密基地をつくり、西武球場に自転車で通い… 「ホントに東京?」と言われる幼少時代でした。