注目キーワード

安部新首相の「美しい国へ」を読んでみた

いよいよ小泉政権から安倍政権に移行しました。

結構大きな転換点だと思いますが、日常の友人などの話にはほとんど出てきませんね。この前の衆院選の時は、世間話でもよく話題になりましたが。やは り選挙という“祭”でないと、普通の人はあまり興味が湧かないのかもしれません。または、単純に“つまらない”ことだったのかもしれません。

とはいえ、一応政治家の端くれとしては、新聞紙上などでも話題になっていますので、安倍新首相の著書「美しい国へ」を読んでみました。

内容はといえば・・・、まあ、エッセイですね。非常に軽く読めます。大事な部分にはホントに言及していません。ご本人のあとがきにも「政策論」ではないとありますので、当然といえば当然です。

なので「感動した」とか「夢がある」などという反応より、「そう思ってるのね」とか「ふーん」などと受け止めることがいいようです。

その中で、「若者に読んでもらいたい」とありました。どうなのでしょうか?読む人はいるでしょうか。

仮に手に取ったとして、共感に至ることはできるでしょうか。

私の感想としては、“共感”はありませんでした。美しい国を否定するつもりではありません。ただ「そうそう、そう思いますよ」などという、経験を同じくするような“共に感じる”部分は正直ありませんでした。ちょっと話題が古いのかな?

私自身、この国を愛する若者の一人です。世界を歩き、故郷のよさを確認し、その性質を愛するがゆえに、日本を愛し、わが街東大和を愛しています。

良質の愛国心ならば否定しません。なので、あたらしいナショナリズムへの言及と、私自身が思う意見との共感が少しはあると思いました。

なので、残念です。

まあ、急いで書いた本のようなので、これで全てを判断するのは早計かもしれませんね。

最新情報をチェックしよう!