注目キーワード
小林 知久
AUTHOR

小林 知久

【動画】小林知久 東大和の未来を語る

先日、Ustream中継にて押本修市議と対談した動画です! 押本議員は現議会広報委員長。私はその前の議会広報委員長。こういったUSTREAMなどを利用して議会中継のやりたいね、と常々話していました。今回、その一つの実験として対談をやりました。なかなか政治家同士の会話を市民の方にお見せできる機会がありません。今の東大和を取り巻く話題を、真面目に、時にざっくばらんに語っておりますので、ぜひご覧ください […]

東大和市長選 告示前の情勢

    多摩 首長選の展望(上)~現職に2新人が挑む 東大和~  (2011年4月13日付 東京新聞より引用させていただきました) 東大和市長選は、五選を目指す現職の尾又正則氏(64)に、いずれも新人で元市議の尾又正則氏(61)、小林知久氏(33)の二人が挑む。 

多選が争点・東大和市長選挙/都政新報

  現職に元市議2氏が挑む ~東大和市~  (2011年4月12日付 都政新報より引用させて頂きました)  5期目を目指す現職の尾又正則市長(64)に、前市議の小林知久氏(33)と、元市議の尾崎保夫氏(61)が挑む三つどもえとなる見通し。どの候補者も政党の推薦・支持等は受けない考え。組織力に頼らず、実績や政策を直接市民に訴える激戦となりそうだ。

東大和市についての対談

Live TV : Ustream 4/13(水)10:30 AM – 11:30 AM 私と、東大和市議の押本修氏のざっくばらんな対談中継。 4月8日福島県南相馬市に物資輸送を行った事に関しての内容や、これからの東大和市の未来について語り合います。  録画でもご覧いただけますので是非。

森の学校・国際野外アート・自転車 東大和市を東京のオアシスに

2011小林知久マニフェスト 里山・そこに集う人々・美大・音大。東大和の近隣には時代が求める資源があります。この資源を発掘・発信し、東大和の”人と自然の調和”のイメージを具体化します。また教育・市民活動にも活かします。 【皆さんの質問にお答えします】 質問① 自転車というのはサイクリングロードとして多摩湖周辺をもっとアピールしていくということか?それとも江東区の一部の地域の […]

校庭の芝生化・地域の先生 教育で街の未来をつくります

2011小林知久マニフェスト 校庭の芝生化の全校実施を目指します。芝生管理の住民団体・利用するスポーツ団体を支援し、そこから産まれる繋がりを育て、地域の先生として教育面の効果も狙います。教育こそ町の未来。クーラー全校設置の継続も含め、環境整備に尽力します。 【皆さんの質問にお答えします】 質問① 既に4小のみ芝生化が実施されているが、野球の試合を実施できないといった弊害もあるのではないか?

タウンミーティングと市政メール  参加しやすく、協働運営の市役所に

2011小林知久マニフェスト タウンミーティングを開催し、定期的に市民と対話します。またメールやソーシャルツールの活用で、情報を”居ながら”にして受け取れるようにし、忙しい人でも参加できる体制をつくります。 【皆さんの質問にお答えします】 質問① タウンミーティングにどうやって住民を集めるのか?(従来の市報以外のツールがあるのか?)

市の業務を住民団体・民間に開放  多様な働き方で多くの人が携わる市に

2011小林知久マニフェスト 広報紙制作・イベント運営など、専門性の必要な業務を民間・住民団体に開放し、新たな参入と育成を行います。子育て中の女性・引退後世代などが多様な働き方をできる環境整備につなげます。 【皆さんの質問にお答えします】 質問① 民間や住民団体に任せることによって誰が責任をとるのか?

公共施設の多目的利用 使い勝手よく、効率も良く

2011小林知久マニフェスト 空き教室を始めとする空き公共施設を徹底活用します。タテ割り排除や予約一括管理などにより必要な施設数を見極め、学校・公民館・市民センター等の改築時の再編も検討します。 【皆さんの質問にお答えします】 質問① 多目的利用とは具体的にいうとどのような使い方になるのか?

第2の『東京紅茶』づくり

2011小林知久マニフェスト 農・商・福祉・住民活動を繋げ、かつ創業支援を行い『市民活動→コミュニティビジ ネス→産業振興』の流れをつくります。   【皆さんの質問にお答えします。】 質問① 東大和ブランドとして、どんなものが考えられますか?  

シンボルイベントの開催

2011小林知久マニフェスト   市のイメージづくりに貢献し住民に一体感を生むような祭を、先頭に立ち実施します。   【皆さんの質問にお答えします。】 質問① 現在行っている産業まつりなどを発展させていくのか?また、政策①の森の学校や国際 野外アートなどと関連してくるのか?